CafeMinage 認定講師・認定サロン規約

 

第一条(目的)

 

CafeMinage認定講師および認定指導講師は、CafeMi Monde(以下「本校」)の定める認定講師について

提唱する趣旨に則した活動を行うことを目的として、定められる

 

 

 

第二条(定義)

 

(1)「CafeMinage」とは、フランスの伝統工芸Cartonnageからきており、Carton(カルトン=厚紙)の組み立てから

  作るのではなく、既製品としてあるものに布、壁紙等をカバーしデコレーションすることをいう

 

(2)「認定講師」とは、本校の定める認定講座必須カリキュラム(3単位)を受講、十分理解し、申請書を提出

  本規約合意のもと認定料を収めたものをいう

 

(3)「認定指導講師」とは、本校の定める認定講座全カリキュラム(5単位)を受講、十分理解し、申請書を

  提出、本規約合意のもと認定料を収めたものをいう

 

(4)CafeMinageロゴは下記のとおりであり商標登録されている

(5)おしりふきケースやウェットティッシュケースは上部分の生地と側面の生地(やリボン)とを分けて貼ることで

  カーブをきれいに貼れるという手法を開発、特許申請完了している

 

 

 

第三条(本規約の権利義務)

 

(1)「認定講師」は本校の定めるガイドラインに則ってレッスン、オーダー、販売を行うことができる

 

(2)「認定指導講師」は本校の定めるガイドラインに則ってレッスン、オーダー、販売を行うことができ、

  「認定講師」「認定指導講師」を育てることができる

 

(3)上記(1)(2)いずれも、十分復習し、技術を磨いたうえで活動するものとする

 

(4)認定講座レッスンカリキュラムの内容に応用を効かせ、既製品をデコレーションしたものもCafeMinageとし

  あらゆる種類の作品を開拓して可とする

 

(5)「CafeMinage」ロゴを使用できるものとし、ホームページやブログ、instagram、LINE、Twitter、Facebookなど

  SNS投稿の際はロゴを使用、名称を必ず記載し、本校リンク先明記も必ず行う

  また、サロンフライヤー、広告媒体にも使用可能とする

 

(6)「CafeMinage」ロゴの入った本校の配布するツール(シールなど)を使用できるものとし、作品販売の際

  活用する

 

(7)認定料は認定講座初回カリキュラムレッスンの際に一括お支払いいただくものとする

 

(8)「認定指導講師」は認定講師を育てた場合、カリキュラム終了後速やかに本校へ申請書を提出、

  認定料を振り込むこと

 

(9)イベントレッスンやイベント販売価格においてガイドラインに則って行い、疑問質問がある場合は本校に

  意見を求め、相互の理解と協力関係を深めるよう努める

 

(10)オーダーや完成品販売において、CafeMinageの看板を背負った作品であることを踏まえ、欠点のない

  完璧な作品に注力する。

 

(11)生徒さま、顧客さまとのトラブルは自己責任において処理すること。また内容により本校へ報告の義務を

  有する

 

 

 

第四条(禁止事項)

 

(1)CafeMinage認定講師の肩書を背負っている立場として、CafeMinageの名誉を損なう行為、または本校との

  信頼関係を失う行為、ならびに特定商取引法・不正競争取引法に抵触する行為をしてはならない

 

(2)CafeMinageロゴまたはCafeMinageの名称を記載していないオリジナルのホームページやブログであっても

  CafeMinage認定講師の肩書を背負っている立場として、CafeMinageの名誉を損なう表記、または本校との

  信頼関係を失う表記、ならびに特定商取引法・不正競争取引法に抵触する表記をしてはならない

 

(3)個人情報保護法を遵守し、業務上知り得た事項について正当な理由なく第三者に漏洩してはならない

 

(4)認定講座資料を認定講師以外の第三者に開示、配布、転売してはならない。

  また資料の内容を漏洩してはならない。他の内容のレッスンと同じになる場合も注意する

 

 

 

第五条(認定講師資格の失効、取り消し処分)

 

(1) 以下(2)~()について判明した場合は本校は認定講師資格の取り消しを行うものとする

   取り消し、除名されたものは直ちに認定講師としての活動を停止しなければならない

   その場合、返金は行わない

 

(2)認定講師、認定指導講師が本規約の定めに反する行為を行った場合、虚偽の報告があった場合

 

(3)認定講師として相応しくない行為が認められた場合

 

(4)レッスンや販売においてのトラブル、金銭トラブルなど社会的違反行為があった場合、CafeMinageの

  イメージを著しく損なわれる行為があった場合

 

 

 

第六条(本規約の改正)

 

(1)本校は認定講師の事前承諾なしに任意に本規約を変更できるものとする

 

(2)本校は本規約の変更をしたときには、ウェブサイトへの公開その他本校が適当と判断する方法により

  当該変更後の本規約を認定講師に通知するものとする

 

(3)変更後の本規約は。前項により本校から認定講師に通知した時点から効力が生じるものとする

 

 

 

 

CafeMi Monde 岡本 扶美